| HOME | GOLF | TRAVEL | DESIGN |

NEWS
Twitterメインで行きます。気が向いたら更新されるかもしれませんけど、ブログが更新されることは期待しないでくださいね。

2010/10/19

2008/11/22

お菓子成功

先週の出来事なのですが、辛いもん好きの友達にして、食べさせてくれと言わしめた、お菓子。(その子には、写真だけ。)

梅酒のパウンドケーキ

先日久しぶりに会った友達と、たまたま梅酒の梅の”処理”にこまっていると話したところ、パウンドケーキはいかがかとアイディアをいただき、早速作りました。




これがなんと、大成功。おそらく今回の成功要因は、バターを十分にクリーム状にしたこと。きめの細かいしっとりした出来上がりでした。
  • バター:150g(くらい)
  • 卵M:3個
  • 小麦粉:150g(カップ1杯半)
  • 砂糖:150g(カップ1杯半より少し控えめ)
  • 梅酒の梅:ごろごろっと。
  • 梅酒:じゃばじゃばっと。
週末に突然思いついて作り始めたため、冷蔵庫の使いかけのバター150gに依存して、この配分になりました。カップで量っているのは、うちにハカリがないから。いつも計量カップの容量で量っています。


梅酒の梅。これは、泡盛で作った梅酒の梅です。その泡盛の方の梅酒は飲みきってしまったのですが、捨てるに捨てられず冷蔵庫でしばらく放置されていたものが、このように”処理”されて行きます。

適当な大きさに刻みます。そこに梅酒もじゃばじゃばと注いで下準備。


バターをクリーム状にすり混ぜます。何を作るにしてもそうですが、これがひと苦労。結局、作り終わったときには手にマメができていました。


焼き上がりはこんなもん。ここから冷まします。

理想は、1日以上置いてから食べること。


型に入りきらなかった生地は、小さなルクレーゼの容器に入れて一緒に焼きました、これは焼きたてを食べました。うまいうまい!焼きたてはぷーんとお酒の香りもして美味しい。





きめが細かくて、梅の実も香りが良く、大満足。その日の晩、数時間置いたときに食べてみたり、翌日に食べてみたり、数日間楽しみました。




次回の課題は、お砂糖を少し控えめにすることと、仕上げに梅酒をかけること。焼いた直後にシロップをかけるように、梅酒を上からひたひたとかけて、より梅酒の香りにすることです。梅の量も増やしてね。






次回があるかどうかは、知りませんが。

4 件のコメント:

minako さんのコメント...

やっぱり、シンクロする!!!

私も梅がらみの記事を書こうと思っていたところ。

本当に、おいしそうな大人なケーキ。
参考にさせていただきます♪

usabun さんのコメント...

実に、実においしそう……
ブランデーケーキみたいになった?
梅のパウンドケーキってありそうでなかなか売ってないよね。

友達に会うと、とてもいろいろ刺激になりますね。
私も会ってすぐ、迷ってた服買ったり(笑)。
あと「建設的な考えかた」をする友に気づいて、そうだ、こういう考えが先の日々を作るのだなどと感心して我も取り入れたいと考えたり。

usagi さんのコメント...

minakoさん:
梅のジャムを作ろうかと思っていたのだけれど、パウンドケーキになりました。(それが原因で、ご飯のお釜に行き着いていますが。)

生クリームか、せいぜいアイスクリームでも添えていただけばいいんだろうけれど、むしゃむしゃとそのままかぶりついています(笑)。

usagi さんのコメント...

usabunさん:
そうそう、相手はそんなつもりでしゃべっていないんでしょうけど、こっちはいい思いつきをもらっていたりね。あるよね。

確かに。人の考え方と生活って、時差があるモノなんだね。